1f8b2ceaeb151d0291f896dfefe1162d_s

「仕事に行きたくない」この気持ちは、きっと多くの人が抱く感情です。派遣という立場であったり、待遇に悩み、行きたくないと思ったり、仕事にやりがいを感じず、行きたくないと思うことってありますよね。

私も、今、派遣社員として働いています。ですから、あなたと同じ立場であるが故、仕事に行きたくないという気持ちがよくわかります。

あなたが「仕事に行きたくない」その決定的な理由はなんなのでしょうか。

給料・待遇・任される仕事の難易度が低いこと・必要以上に働かされることetc様々な不満が、特にこの雇用形態には生じます。

でも、それらをひっくるめて私が言えることは、簡単に仕事を辞めるという選択をしてはいけないということです。

なぜなら、仕事は選ぶものではなく、やりきるものだからです。

どんな仕事であっても、楽しい部分は必ずあります。

でも、きっと多くの人はその仕事の楽しさ、やりがいに目が向かないと思います。

やはり人間ですから、悪い部分であったり、嫌な部分が目に付きやすいので、難しいかもしれませんが、その仕事のいいところ、嬉しかったこと、やりがいを感じた事、今まで一度もありませんでしたか?

あなたの業種はわかりませんが、「いいなぁ」と感じたこと、1つあればいいんです。

お客様が笑顔になったり、上司にほめられたり、上司からはほめられなくても、自分の仕事のスピードが上がったことが嬉しかったり、できなかったことができるようになったり。

全部好きじゃなくていいんです。他のすべてが嫌いでもいいと思います。

たった1つ、あなたが今の仕事を通じて、プラスの感情を抱けたのであれば、その仕事を簡単にやめるべきではないです。

やりたい仕事に就いている人も、その仕事すべてがいいと感じている人はほとんどいないと思います。

やりたい仕事の中にも、やりたくない作業はいっぱいあります。

でも、そのやりたくない感情ばかりに支配されてしまっては、やりたかったはずの仕事も嫌な仕事になってしまいます。

やりがいを感じることも、楽しいことも、嬉しいことも、逆に賃金に見合っていなかったり、単純作業で退屈だったり、嫌味をたくさんいわれたり、めんどくさかったり、それら全部ひっくるめて、仕事なのです。

私たち労働者がやるべきことは、与えられた仕事を全うすること。ただ、それだけです。

本来はそうなんですが、でもその中に、ちょっとした喜びや楽しみ、やりがいを感じる瞬間はとても大切です。

100個嫌なことがあっても、1ついいなと思うことがあればいい。その1つのために、頑張ってみましょう。

少なくとも、行きたくない中で仕事にいく。これだけで、素晴らしいことだと私は思います。あなたはガッツがあると思います。

やっぱり、仕事にいくだけで、結構気合いがいりますから。

そんな頑張っているあなただからこそ、落ち着いて、これまでの仕事の経験でいいなと思ったところに目を向けてみてください。

最後に決めるのはあなたです。でも、あなただからこそ伝えたい。

行きたくない仕事でも、きちんと行くあなたはそれだけで素晴らしい。

しかし、そんな素晴らしい行動ができるあなただからこそ、ぜひ、いいところに気づこうとする目線を持ち、これからも頑張ってほしいと、私は思います。