b5f5a9e576552e24b2f1e4934acdb353_s

朝、仕事に行きたくないと思う日が毎日つづいているのですね。一日の始まりが、仕事に行きたくないという思いなのは辛いですよね。

私も、毎朝仕事に行きたくないという気持ちと格闘しながら過ごしていた時期があるので、あなたのお気持ちとてもよくわかります。

睡眠時間は十分とれていますか?しっかり眠れていないと、脳も体も日中の疲れがとれずに、翌朝に影響を残してしまいます。

気持ちが穏やかでないと十分な睡眠もとりにくいものかもしれませんが、だからこそ意識して休養・睡眠をとるようにするのがおすすめです。

さて、どうすれば今の状況から抜け出せるか、ということですね。今の状況から抜け出すためにできることは、2つ。状況を変えるか、認識を変えるか、です。そのなかで、すぐに実行できてわかりやすいのは、状況を変えることです。

状況を変えるというのは、たとえば、極端な話、仕事を辞めてしまうというのも一つですし、仕事を一時休職するというのも一つ。

また、部署を変えてもらったり、自分の担当する仕事を減らしてもらったり、逆に増やしてもらったりするのも、その中に入ります。

仕事上の人間関係が辛くて、仕事に行きたくないと思っているのであれば、その人間関係をよりよくしたり、人間関係自体を構成しなおしたり、ということも状況を変えることにつながる方法の一つです。

では状況を変えるために、まず何から手をつけていけばよいのか。

効果的なのは、仕事に行きたくない原因となっている物事を変えていくことです。

仕事に行きたくないのはどうしてか。それを考えるのは、決して心地の良いものではないでしょう。けれども、そこを見ないまま根本的な解決を図ることは不可能です。

本気で今の状況を抜け出したいのであれば、自分はどうして仕事に行きたくないと思っているのか。その原因になっているのは何か、今一度、明確にしていきましょう。

原因・理由が明確になったら、それを3つにグループ分けしましょう。

  1. 結果を自分でコントロールできるもの
  2. 結果に対して影響したり働きかけたりすることはできるけれど、コントロールすることはできないこと
  3. 結果に対してコントロールだけでなく影響することも不可能なこと

という3つがあるとしたら、さきほど挙げた原因・理由はそれぞれ①~③のどれにあたるでしょうか?

グループ分けをしてみたときに、もし②や③が多かったとしたら、自分(だけ)の力ではどうにもし難いことで「仕事に行きたくない」状態になってしまっていることになります。

自分がどんなに頑張ったとしても、自分だけの力では状況を改善することが難しく、余計に辛いのではないでしょうか?

実際私自身も、他人の評価ばかり気にして、周りに振り回され、仕事が辛くなってしまっていました。相手の反応に一喜一憂して、それが負担になって辛くなり、自分本来のパフォーマンスが発揮できないという状態になってしまっていました。

どんなに誠意を尽くしても、どんなに自分のベストを尽くしても、それが相手の高評価だったり好印象だったりにつながらない場合も、ときにはあります。

もちろん、喜んでもらえるよう、期待に応えられるよう、精一杯やることはやる。けれど、自分ではどうにもならないことばかり気にして、そこで思い悩んでしまうというのは、自分の満足も不幸も相手に委ねてしまうことに他なりません。

今の状況から抜け出すために、できること。さきほどのグループ分けで①にあてはまった項目について、「それを改善するために、自分はどんなことができるだろうか?」アイディアを出して実行していくことです。

本当にハードルの低い、ものすごく簡単なことからでも、行動に起こしていくこと。

平行線に見える線も、一方がほんの少しでも角度が変われば、しだいに2本の線が近づき、交わることが出来ます。ほんの小さなことでも、今の状況を抜け出すために自分が自分自身の意志で実行可能なこと、ぜひ取り組んでみてください。