323bfbd848a94b50452563404b36d429_s

まずは、バイト先が決まったとのことでおめでとうございます。

バイト先が決まるまでに「これならできるかも」「こんな仕事ならしてみたい」と思いたってから、
履歴書を書かれたり、面接を受けに行かれたりときちんと行動をされたのだろうと、感心いたしました。

そしてバイトが決まったとたんに、「やっぱりやめておけばよかった」と思われたのでしょうか。

私もそのような経験が過去にあったので、あなたのお気持ちがよくわかります。

私の場合は、バイトのかけもちを一つ増やしたところに行くのが、採用になったとたん面倒になったというものでした。

しかしながら行かないわけにもいかず、「お給料ももらえるんだし、切り替えて頑張ろう」と思い、行ってみると、
先輩方は笑いも交えて教えてくださるし、お客さんは良い方ばかりで、結果楽しいバイト生活を送ることができました。

バイトに行く、行かないは言ってみれば個人の自由ですが、行かないという選択をした場合、今までのバイト探しの苦労が水の泡になりますし、またいちから探さなければなりません。

また、決まったけど行かなかったということが自分の苦い思い出になってしまうと思うのです。

「バイト先が○○だったらどうしよう。」とか、「こんな人がいたら嫌だな。」とマイナスな方向に考えると止まらなくなってしまうので、別の考え方をするのがいいかもしれません。

例えば「趣味が共通の子がいたら仲良くなりたいなあ。」とか、「面白い人がいたらいいなあ。」または「かっこいい(かわいい)人がいたらどうしよう!」などです。

このように考えだしたら私だったらバイトの初出勤が楽しみでなりません。

気持ちを切り替えて行ってみれば、あとは周りの方がなんとかしてくれると思うし、わからないことを聞いていくうちにコミュニケーションが増え、仲良くなれると思います。

「あのとき行っていればよかった」という後悔よりも「あのとき行っていなければよかった」という後悔のほうが、後々自分の経験として価値があるものになると思うのです。

バイトに行って、続けていくうちに「やめたい」と思うことはたくさんありますが、やめずに頑張っていればそこでの仲間との思い出が宝物になったり、身についたスキルが将来意外なところで役に立ったりすることもあります。

応援しています。

また、バイトに行きたくないという思いを振りはらって行ったバイト先であなたにとって素敵な出会いがあるよう祈っております。