5ff48d9b0f54ca982d402ee8b24e526c_s

学生時代の後輩から、こんな相談を受けました。「入社して7ヶ月ですが、最近仕事に行きたくないんです。どうしたらいいでしょうか?」

その後輩は、就活中のOB訪問で私のところに来たことが合って、その縁から相談してきたんですよ。「ほかに、相談できる人がいない」と言っていました。

それを聞いて、私はちょっと驚きました。というのも、私もまさに入社7ヶ月で「仕事に行きたくない」と悩んだことがあったからなんですよ。

同じ悩みを抱えているあなたのために、自分の経験と、その後輩に言ったアドバイスを紹介しますね。

私が後輩に最初に言ったのは、「7ヶ月というのは、決して短くない貴重な時間。社会人としてかなり多くの経験ができたと思う。7ヶ月前のことを思い出してほしい。今の自分が確実に成長できていることがわかるはず」ということです。

あなたも同じ、まちがいなく「7ヶ月分の成長」ができているはずです。その自覚を持つところから、スターとしてみましょう。

その成長の中には、仕事の経験と人間関係の経験、そして、社会人としてのベーシックな経験(社会人マナーなど)があります。いずれも、7ヶ月今の職場にいたからこそ、身に着いたものですよね。

ということは、たとえば、あと3ヶ月いれば、3か月分の経験が、半年続ければ半年分の経験ができるということになります。私は後輩に、こう言いました。

「転職という選択肢も当然ある。けれど、その道を選ぶ場合でも、今の仕事は続けたほうがいい。仕事を続けながら転職準備をすれば、その間にさらに成長することができるから、それが転職時のアピールポイントにもなる」

今のあなたが選ぶべきでないのは、「今すぐ退職する」という道です。最終的にその選択をするにしても、

とにかく今の仕事は続けていたほうが、絶対にあなたにとって得なんですよ。

仕事を辞めてしまえば、その瞬間、「社会人としての成長」は完全にストップしてしまいますよね。けれど、仕事を続けていさえすれば、その分だけ、成長できるわけなんですよ。

金銭面でもそうです。仕事を辞めれば当然無収入になりますが、とどまっていれば、収入は保障されています。給料をもらいながら成長できて、同時に転職準備も進めることができるなんて、いいことだらけじゃないでしょうか。

私の場合は、そう考えることで「7ヶ月目の危機」を乗り越えることができました。相談してきたその後輩も、結局転職することなく、仕事を継続しています。もちろん、私たちの生き方だけが正解というつもりはありません。

ただ、「こんな考え方、生き方もある」ということを、あなたにお伝えしたかったんですよ。参考にしてくれるとうれしいです。