5c0b5e08b4ecdf1d7eab77db06ed9e59_s

入社9ヶ月で仕事に行きたくないと思ったとき、あなただけでなく多くの人がどうしたらいいのか悩むものです。

と、人ごとのように言いましたが、実は私自身、入社9ヶ月の時に同じように悩んだことがあったんですよ。その時の経験を踏まえて、少しだけアドバイスさせてください。

どうしたらいいのか悩んでいるということは、大きく分ければ「このまま仕事を続けるべきなのか、転職を考えたほうがいいのか」という二者択一の迷いということになりますよね。その結論については、しばらく判断をしないでおきましょう。

それでは、どうしたらいいのか。

おすすめしたいのは、自分に対する「慰労会」を催すことです。

ちょっと意外な方法かもしれませんね。つまり、こういうことなんです。

あなたはこれまで、9ヶ月間、仕事をしてきたわけですよね。それって、すごいことだと思うんですよ。入社して1ヶ月もしなうちに仕事を辞めてしまう人も珍しくありません。数日とか、極端なケースでは初日に退職してしまうケースもありますよね。

それに比べて、9ヶ月も仕事を継続できたというのは、あなたががんばってきた証です。それだけ長くがんばったのですから、心身ともに疲れて、「仕事に行きたくない」と感じるのも当たりまえではないでしょうか。

疲れているんですから、自分を慰労することが、あなたがまずすべきことだと思うんですよね。

「連休を使った、自分が一番楽しいと思えること」をプランニングしましょう。親友や恋人との旅行でもいいですし、思い切ってリッチな一人旅でも構いません。超グルメな休日にしたり、上限を決めて思いっきりショッピングを楽しむという方法もあります。

とにかく、あなたにとって「これが最高」と思われる休日にするのがポイント。こうしたプランニングをするだけでも楽しめますし、明るい気分になってくるはずですよ。

慰労会のプラニングが決まったら、その日までに2種類の振り返りをすることをおすすめします。1つは、入社以来9か月の仕事の振り返りであり、もう1つは就活の振り返りです。

9ヶ月働いたあなたには、9ヶ月分の社会人としてのキャリアがあります。それがあなたの9ヶ月のがんばりの成果ですし、今後に生かせる強みでもあるわけですよね。

もう1つ、就活について振り返ることは、冷静な判断をするために必要な作業なんですよ。一番いけないのは、安易に仕事を辞めてしまうこと。最終的にそう決断するにしても、できるだけ慎重にすべきです。

そのためには、今の会社に就職するまでの努力や苦労、大変だったことを一度整理してみることをおすすめします。

この2つの振り返りをしたあとで、「慰労会」をじゅうぶん楽しんでください。そして、そのあと、もう一度じっくり考えて、判断するといいと思いますよ。

私の場合、慰労会を楽しんだら気持ちがかなり軽くなって、仕事を続けることができました。最終判断はもちろんあなたの自由意志ですが、その前にぜひ、慰労会を開いて、疲れた心身をリフレッシュしてみてくださいね。