302e440da5e3752141090de4c4fce9e7_s

入社して10ヶ月で「仕事に行きたくない」と感じ、「どうしたらいいんだろうか?」と悩んでいるあなた、私もある会社に入ってちょうど10ヶ月という時に、まったく同じ悩みを抱えたことがありました。

ですから、今のあなたの辛さはよくわかるつもりです。

その時の経験を、お話しさせてもらいますね。私の場合は、学生時代のサークルの先輩で、就活時にも大変お世話になった先輩に相談してみました。そして、その先輩から、あるアドバイスをもらい、悩みを解決することができたんです。

そのアドバイスとは、「休日を充実させること」でした。おそらくあなたは「仕事のことで悩んでるのに、なんで休日の充実が問題解決につながるの?」と疑問に感じたにちがいありません。当時の私も「なんで?」と思ったものですよ。

先輩は「休日を充実させ、楽しいものにすれば、『次の休日までがんばろう』という気持ちになり、仕事へのモチベーションを高めることにつながる。その結果、悩みを改善することも可能になる」というんですよ。

そう言われて、考えてみると、その時の私は仕事に対する悩みを抱えていたために、休日も、ただ「仕事に行かなくていい日」という意味しか持っていませんでした。ぜんぜん充実した時間ではなかったわけですね。

ですから「次の休日までがんばろう」という気持ちにはとてもなれなかったわけです。そして、休日はだらだらと過ごし、また辛い仕事が始まるというパターンの繰り返しになっていました。

そう気づいたら、あとは休日を充実させるための行動あるのみ。休日を充実させる方法はいくらでもあります。

学生時代は熱中していたのに、社会人になってからそんな時間も、気持ちの余裕もなくなって、楽しめなくなっているような趣味があるなら、ぜひそれを復活させましょう。

そうした趣味がないという場合は、新しい趣味を探したり、趣味のサークルに入るのがおすすめ。新しいことを始めるというのは、生活を一変させ、気持ちを変えるのに大変有効ですからね。

また、サークルなどを通じて新しい友達を作ることできれば、その友達と楽しく充実した休日を過ごすこともできます。

さらに効果的なのは、恋人を作ること。実は私はこの方法で、休日を充実させることができました。仕事で辛くても、「週末が来れば、恋人との楽しい時間が待っている」と考えると、なんとか辛さを乗り越えることができるものですよ。

そして、それを続けていくうち、仕事の悩みもだんだん改善されていったり、仕事の環境が変わって、悩みが解消されてしまうということもあります。

あなたも、ぜひ一度、自分の休日の過ごし方を見直してみてください。休日が心底楽しめるものに変わると、仕事のモチベーションも激変するはずですよ。

以上、入社10ヶ月目の危機を乗り越えた私の経験談でした。参考になさってくださいね。